「名前」の話

※このマンガは中国人の女の子が

ちょっとおかしな関西弁で喋ります。

予めご了承ください(汗) 詳しくはこちら








 ブログランキング・にほんブログ村へ

まだ、あるんですw


というわけで、無事に通称を手に入れられたのですが、
前回のコメントを見ると、割と簡単に手に入る物じゃ…と思ってしまいます。
いったい何をあんなにもめたのか…

次回はファンファンがずっと日本に来てから思ってきた、まさに5年分の思いがこもった一話です

また来週!


 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

  1. すぶたパスタだったのね2017年10月13日 18:02

    妻と私と妻の友人の中国人女性と市役所に婚姻届を提出に行きました 市役所の人が中国側のこの種類の書き方だと○△□☆ これ本人の記入で◯△□☆(最後の方が聞き取れない)
    すると さっきまでずっと黙っていた妻の友人が 完全に頭に血が上ったデイブ・スペクターさんのような日本語で市役所員に反論 後ろのもう1人の市役所員に何やらもごもと相談

    そして婚姻届は受理されました 笑
    市役所員の数人が前に出てきて「本日はおめでとうございます」
    いやあ〜ホッとしました
    あの日のことを思い出しました

    返信削除
    返信
    1. なるほど…やはり色々とあるのですね。
      国際結婚だと、市役所の方も戸惑うのでしょうか?
      興味深いお話ありがとうございます!

      削除
  2. 今晩は。
    何はともあれおめでとうございます。
    ユータさんの姓にファンファンさんの本名を通名にしたのでしょうか?
    ウチの妻は、私の姓+思いついた全く関係無い名前にしました。
    当方在住の市役所では、特に面倒くさい事は無かったです。
    ただ婚姻届を出すに当たって、公正証書(未婚の証明?)が必要との事で上海から取り寄せる必要が有りました。
    上海在住の義弟に頼んだのですが、普通に申請すると数か月掛かると言われたそうで
    義弟が、機転を聞かせて役人に「袖の下」を渡して数日で取ってくれたそうです…。

    返信削除
    返信
    1. すごい!最近は減っているという「袖の下」が・・・!
      そんなことがあったんですねえ」。刺激的な話です笑

      削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

「名前」の話2

はじめての野球観戦!

徳の高いチャイニー妻